アクリートは現場の目線で親身のコンサルティング。御社の業務を改善するシステムをご提案。

中小企業でのシステム化事情

今の時代、コンピュータシステムを業務に利用することはもはや当たり前になっています。それが例え大企業でも中小企業であっても同じ状況だといえるでしょう。つまり「パソコンに詳しい人材がいないからパソコンなど使いたくない」「今までの手書き伝票でも十分だ」など、言えない時代になってきたということになります。取引先の大手企業がシステム化を要求してくるような場合もあるでしょう。社内にIT関係に詳しい人間もいない、相談できる人も見当たらなくて困っている…。そんなことはありませんか?

もしあなたが、少しパソコンの知識があるからという理由で、会社のトップや上司から「社内システム担当」として任命を受けてしまったら、一体どんなことになるでしょう?「パソコンの知識がある」ことと「会社の業務をシステム化する」というのはまったく別レベルの話です。システム担当として任命されてしまった場合、IT関連のスキル、知識や技術力を伸ばすことに時間を取られてしまいます。
つまり、本来やるべき業務がおろそかになってしまうということになります。その結果残業が増えてしまい、負担が大きくなってしまうという状況に陥ってしまいます。

どのような問題が起こっているのか

問題の説明図

問題を解決するには?

本来、システム開発する目的は業務を改善することにあります。 業務改善につながるシステムを作成するためには、システム開発会社に頼むことです。結果的にはコスト的にも安く、本当の意味で業務改善につながるシステムを作ることができます。「システム開発会社に頼むと、高くついてしまうのでは…」というご心配もあるでしょう。

低コストのオリジナルソフトの開発

アクリートではそういったことのないように、無理なくお客様の予算に合わせたシステム開発を出来るよう、独自の見積もりと費用体系を設定しています。 初期段階の打ち合わせにより業務内容をしっかりと把握し、業務概要とシステムの運用範囲を明確にします。その上でお見積もりを提示させていただき、その時点で明確にした業務概要の範囲内であれば、追加料金はいただきません。ご予算的に安心してご依頼していただけます。

企業に有益な業務改善を

業務改善をしていくためには、システムを導入する前に現在の業務内容を検討して、仕事の中身や管理のルールなどを見直す必要があります。その上でどこまでをシステム化してパッケージの中に取り込むのか、などを判断していきます。そのためにはシステム開発する側の人間も、しっかりと会社の業務について把握しておく必要が出てきます。

アクリートでは開発担当の人間も含めて、業務を完全に把握するまで打ち合わせを繰り返します。さらに必要があれば、現場に机を並べて作業するといった細かな対応もしております。現場の目線にたってのシステム開発を心がけ検討するため、企業に有益な業務改善につながるシステムの作成が可能になります。

システム開発までの具体的な流れ

システムの運用がはじまった後は、月に1回プロジェクトメンバー全員で打ち合わせを行います。開発エンジニアも参加し、現場からの意見なども取り入れ、より使いやすいシステムを構築をしていきます。

システム開発の説明図

細かい変更点など必要な場合も、業務内容をしっかり把握しているため柔軟な対応が可能になります。小回りが利き、融通のきく柔軟性の高いシステム屋として評価をいただいております。システムのことならどんなことでも気軽に相談できる窓口として、どうぞご活用ください。

ページの先頭へ