アクリートは現場の目線で親身のコンサルティング。御社の業務を改善するシステムをご提案。

アクリート代表取締役 高野 恵美子よりみなさまへ

アクリート社長写真

弊社の社名である「アクリート」には元々「増大する」・「…と一体になる」という意味があるのですが、その言葉の通りにお客様と共に成長、繁栄していくことが私たちの何よりの望みです。 日々多くの企業さまより、システムに関しての悩みのご相談を受けておりますが、どこでも共通する悩みというものが見受けられます。それは「オフコンやシステムを導入したのだが、どうにもうまく使いきれない」、「システム同士が連携していないので結局データを活用できない」「以前は風通しが良かった社内だが、会社が大きくなるにつれ部門間の連携が難しくなってきている」といった悩みです。本来、システム開発というものは、社員のみなさまの負担を減らし、最終的に経費節減につなげることが出来てこそ意味があります。ましてシステム導入することで社員の方の負担が増えたり、手順が煩雑になってしまうようでは、何のために導入したのかわからない、ということになってしまいかねません。弊社ではそのようなことのないようにお客様の業務内容によって細かく、柔軟性のあるシステム構築を心がけております。また、アフターサポートもしっかり行うことで、さらに使い勝手の良いシステムにしていくように努力しております。お客様が喜んでくださることが何より私たちの喜びです。アクリートは、単なるシステム開発会社ではなくお客様と同じ目線に立ち、何でも気軽に相談できる窓口でありたいと願っております。関東一円、どちらにでも直接お伺いしてご相談を承ります。まずはお気軽にご相談ください。

心構え、システムエンジニアは「社会システム改革の担い手」である。システム開発やプログラミングの仕事だけに限定して考えてはならない。

アクリート代表取締役高野 恵美子

会社案内

ページの先頭へ